taka22.jpg

フライフィッシングに必要な道具

フライロッド(釣竿)

フライロッドにはシングルハンドとダブルハンドがありますが、はじめは日本の一般的な渓流で多く使うシングルハンドを対象に話しを進めます。
釣り雑誌を見ていると、日本では、どうもスローアクションに人気があり、渓流では超スローアクションの8フィート3インチ3番が定番のようです。しかしフライフィッシングをこれから始められる人はキャスティング練習用に9フィート前後のライン番手#6〜#8あたりから練習した方がキャストの上達が早いと思います。




また、フライロッドの種類は、1本タイプ(1ピース)と2本継ぎ(2ピース)、4本継ぎ以上(パックロッド)のものなど様々ありますが2ピースが主流となっています。また素材は、ガラス繊維でできたグラスファイバー、炭素繊維でできたカーボンファイバー、竹製(バンブー)などがあり、強さ軽さが両立するカーボンファイ バーが主流となっています。




フライロッドには硬さや長さがそれぞれあり、ロッドに表示された数字が0番(#0)、1番(#1)、2番(#2)と数字が大きくなるにつれて硬さが増していきます。3〜5番は一般の渓流で、5〜7番は中流域や湖などで使われることが多いです。長さは、ロッドのグリップ近くにフィートで表示され、例えば7’6”は(7フィート6インチ、約225cm)となります。日本では7〜9フィートがほとんど。一般的には渓流では短め、湖では長めのロッドが使用されます。
ロッドの特徴の一つにしなり(調子、アクションともいいます)があります、これはキャストする際に重要な要素です。先にいくにしたがって細くなっていく状態をテーパーといいますが製造段階でのテーパーの形状でしなり具合も違ってきます。先端部分が曲がるものファーストアクション、ロッド全体がまんべんなく弧を描くものをスローアクション、その中間をミディアムアクションといいます。初心者のおすすめは、ラインコントロールやキャストのしやすさで、ミディアムファーストアクションのロッドです。


フライリール

フライリールの大きな役割は、巻きあげることでなくラインを収納することです。簡単に言えば、自分が使うロッドに合うラインが巻ければそれでよいということです。(場面によっては巻き上げる時もありますが)ということなのでフライリールの構造は本体とラインを巻く部分のスプールで構成され非常にシンプルになっています。

素材はアルミの削りだしのものや鉄でできたものがあり、重量を軽くするためパンチ穴を開けたり、こだわりのあるデザインが施されたり各メーカー特徴を出しています。

hdmks.jpg

また選ぶ際にもう一つ基準になるのがラインがどのくらい巻けるかということですが、これはラインキャパシティと呼ばれておりリールのスプールの大きさや幅が広くなれば当然キャパシティも増えてきます。通常の渓流釣りであれば小型タイプ、ラインを遠くにキャストしたり、長く流したりする釣りには大型のタイプとなります。キャパシティの表示はリール本体にパッケージなどに適正なライン番手とバッキングライン(下巻き)の長さが記されています。

hdmks (2).jpg

フライリールには本体とスプールの2つのパーツで成り立っていますが本体の内側にスプールが入るのがインスプールタイプ、スプールのエッジが外側に出るのがアウトスプールタイプといいます。アウトスプールタイプは大型魚がヒットした場合にスプールの逆転をてのひらで押さえることができるメリットがあります。また、フライラインを引き出すときにスプールが逆回転する働きに力がかかる機能をドラグといい、大型の魚が釣れた場合にこの機構が役に立ちます。小さな魚を釣るときにはこのドラグの必要性はほとんどありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。